マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加

マイホーム業者決定まで 工法・断熱材・内装等の検討 良かったこと等
マイホームの資金のこと サンルームを作ったのは大正解 悪かったこと
不動産登記を自分でやりました (様式有) 庭の配管について 税務署からのお尋ね
境界塀を塗ってみました 隣家との関係と境界塀   

サンルームについて

 一見無駄な空間のようですが、我が家では、サンルームを作りました。
 居間と和室が続き部屋となっているのですが、その両方の部屋の前を覆うような形でサンルームがあります。横幅5.5m、出幅2mもあります。
 家側の壁面は、外部仕様と同じサイディング、床は30cm角タイル、ガラス面は上も横もペアガラスを使用しています。床のタイル下とかには、断熱材が埋め込んであるはずで、完全な温室状態を作り出すようになっています。

 構造も、家と一体となったエンジニアリングウッドを使用しており、後付のようなアルミとか鉄ではありません。施工費は随分高くついていると思いますが、木の感触が気持ちよくできていると思っています。
 なお、実際の施工費は、工務店が、「一発見積もりで値引きはしない、だけどサンルームの効果測定もしたいので、値引き代わりにサンルームの主体部分を作る。」ということでしたので、よくはわかりません。本当のところ、その分値引きになっていたのか、他の費用にまぶされているのかは素人ではわからないところではありますが。

 サンルームの一番大きな目的は、冬ここにたまった熱を部屋に取り入れて熱効率を良くしようということでした。確かに、冬天気さえ良ければ後記にあるとおりかなりの蓄熱量がありますので、部屋との間の掃き出し窓を開けておくと、随分温い空気が部屋の中に入ってきます。
 部屋として使用するには外から丸見えなので大胆なことはできませんが、今は子供の遊び場となっています。そのうちおしゃれなテーブルと椅子を置いて憩いの場にしようと思っています。

     現在は、サンルームの中は、梁からブランコをかけているのと、組み立て式の滑り台を置いています。
 床は、半分に昔使っていたじゅうたんを敷いて座り込んでも暑くなく、冷たくないようにしています。  
 
 ブランコを掛けている梁の部分です。ロープが切れないようタオルをかませています。
   

 
 天井のガラス面には、サンシェードにカーテンを取り付けています。また梁にハンモックをつるせるよう金具も取り付けています。 
 中には水道の蛇口もありますが、無粋なので、水栓の部分をネット通販で買った陶器製のおしゃれなものに変えています。 

サンルーム内の温度について

 その1
青線:
サンルーム内の気温の変化


赤線:
気象庁発表の住居地域の気温の変化
 上記は、2003年1月21日のサンルーム内の気温の変化をグラフで表したものです。
 測定は、建築業者が時間ごとの変化が測定できる機器を持ってきてくれて測定してくれた結果です。
 この日は昼夜とも晴れでした。外気は一日中10度を上回ることはありませんでしたが、サンルーム内は日中40度まで上昇し、その時の熱気で、夜中の12時をすぎても15度ぐらいを保っていました。
 最も気温が上がったときには、外気温との差が何と30度を超えています。
 また、最高気温となったのが16時から17時となっているのは、暖められた空気を壁、床が蓄熱していった結果ではないかと思います。

 サンルームに冬植物を入れることも考えたことがありますが、これだけの気温変化を見てからやめています。
 ちなみに、我が家は、正面道路が西に振っているため、冬場は隣の家との関係から朝9時過ぎからでないと日が当たらないのと、夕方は、南西に道路を隔てて6階建ての病院があることから、4時頃には日が当たらなくなります。

 その2
  青線:
サンルーム内の気温の変化


赤線:
気象庁発表の住居地域の気温の変化
 
 上記は、2003年1月19日の日中が曇りで、夜は曇り一時雨その後晴れという天気でのサンルーム内の気温変化です。
 さすがに気温は晴れた日のようには上がっていません。それでも外気温が10度を超えない中、最高は25度を超えるぐらい温度上昇が見られます。
 多少は日の当たる時間があったのかもしれませんが、ここではその差15度となっています。なお、家側の掃き出し窓もペアガラスを使用しており、家の中からの温度が逆に流れ込んでいるという状況はありません。

 その3
青線:
サンルーム内の気温の変化


赤線:
気象庁発表の住居地域の気温の変化
  
 上記は、2003年1月24日で日中雨で一時あられ、夜は曇りという天気の中での気温変化です。
 やはり冷たい雨が降っていますので、この日は温度があまり上がっていません。それでも日中は20度前後まで温度が上昇し、外気温との差はやはり15度近くあります。ちょっとサンルームに居座るには寒いです。
 なお、ここでも家の中の温度が逆流していることはありません。


 上の3つの気温変化のグラフからもわかるとおり、天気さえ良ければサンルーム内がいかに温度が上がり快適かがわかると思います。逆に、暖かくて気持ちいいため寝込んでしまい、真冬なのにサウナに閉じこめられた夢で、汗びっしょりになり目が覚めたことがあります。

 我が家を作った工務店は、サンルームのことをウインターガーデンと呼んでいますが、冬は、上記のとおり快適この上ありません。しかし、逆に夏場の温度の上昇は並ではありません。
 建築当初サンシェードをつけていなかったら、中に置いておいたプラスチック製のものが一部溶けかけていたこともありました。また、じゅうたんを敷いていないタイル部分は裸足ではやけどしそうでとても歩くことはできない状態になっていました。

 夏場は基本的に窓を開放して、外気を通すことにより気温の上昇を抑え、どうしても利用の必要性があれば、部屋の中のエアコンの冷気を流し込んで使うしかないとは思っていますが、実際の所夏場には洗濯物を干すぐらいしか利用していません。

 一長一短ある中で、随分の費用をかけて作るだけの価値があるものかどうか判断が分かれるところもあろうかと思いますが、我が家では、今のところ、作って本当に良かったというのが感想です。


このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.
芝生の手入れとガーデニング バラの花とバラ園、イングリッシュガーデン バラと芝生とガーデニング