マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加
マイホームづくりは、一生に一度の大仕事です。事前にしっかり情報収集しましょう!関連書籍等を集めてみましたので、ご参考に。
<
藤岡 等

日曜大工で建てる夢の手作りマイホーム―はじめての人のための2×4工法マニュアル

日曜大工で建てる夢の手作りマイホーム―はじめての人のための2×4工法マニュアル

日曜大工で建てる夢の手作りマイホーム―はじめての人のための2×4工法マニュアル
人気ランキング : 67000位
定価 : ¥ 1,995
販売元 : 山海堂
発売日 : 2000-08

価格:¥ 1,995
納期:通常1〜2週間以内に発送
根性ある人へ

2×4工法を学ぶための枠組壁工法住宅工事共通仕様書の要点を解説している本です。もちろん、専門用語もそれなりに出てきます。
ですから、この本を読んで直に家が建つといった種類の本ではなく、本格的に枠組壁工法住宅工事共通仕様書を勉強するための前段階の本になります。
だから、(部分的に参考になる内容もありますが)ログハウスを作ってみたいとか家の庭に工房を作ってみたいとか計画している人には、あまり向いていません。あくまで、本格的に枠組壁工法住宅工事共通仕様書を勉強し自分で家を建ててみたいと思う人のための本です。
この本に書かれている施工例では、BIY会なるもののメンバーが手伝い大体2〜3年ほどで家が完成しています。勉強する期間も含めて、4年ぐらいの期間をかけて根気良く家を建てたい人どうぞ。

マイホーム自力建設をもくろむあなたに夢と希望の一冊!

もともと日曜大工が好きな私がなにげなく書店でそのタイトルに魅かれて手に取ったのが事の始まり・・・
いつしかすっかり自分でもマイホーム自力建設のやる気になってしまいました。
著者の長年にわたる努力と実践の集大成ともいえる本で、おもにフレーミングと呼ばれる家の躯体工事のノウハウを余すところ無く紹介してあります。画像も多く、かゆいところに手が届く内容、というところです。
やる気になられたかたは、さらにBIYの会に入会されて実際の現場で勉強されるとよいと思います。

入門用教材としては最高

デフレ政策が続くなかにあって、一生涯に一度はマイホーム取得を希望する普通のサラリーマンです。時間も資金も潤沢にありませんが、日々少しづつ貯蓄と知識を蓄えるにあたり、適当な教材を探していました。数ある書籍の中でも、本書は入門用に最適と言えます。公庫が発行している物もありますが、表現が初心者には難解な箇所が多々見受けられます。本書は物語として出来も良く、必要充分な挿し絵と併せ、守備範囲も広いのでイメージ造りに最適の一冊といえます。リフォームによる手直しを予定されている方にも参考になると思います。

「日曜大工で我が家を建てた」続編=実務編。

 前著で我が家を建てた著者の「仲間達」の作品の紹介と、それらのバリエーションを踏まえた家づくり=セルフビルドのマニュアル。参考書や巻末の具体的な道具類の紹介と入手法も楽しい。
 2×4はわかりやすさ、作りやすさ、強度の出しやすさと引き替えに開口部等の制限があり自由度の低さを感じていたがここに出てくるオリジナリティ溢れる作例はそんな先入観を吹き飛ばす勢いがある。ただ、小屋裏のないロフトのみの作りには夏場暑くないのかちょっと心配になってしまった。
 前著でも出てきたデメリットとともに十分考えてセルフビルドを見極めたい。何となれば休み返上の建築作業は苦労どころか「こんな面白いこと他人にやらせておけるか」という面もあるからである。無理をして体をこわしたり!、何より怪我には気を付けないといけないが…

 
 
このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.