マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加
マイホームづくりは、一生に一度の大仕事です。事前にしっかり情報収集しましょう!関連書籍等を集めてみましたので、ご参考に。
オススメ度 価格:¥ 1,500
住宅ローンはこうして借りなさい 【新版】
不動産購入を決意したものの、この先のローンを考えると不安ですよね。
私も同じ思いでコレ系の本を数冊読みましたが、この本ほど気が滅入る本はなかったと思います。
「辛ーーーっ><」と思っても最後まで読み続けると、あら不思議!
ローンのからくりを理解してしまえば、未来はおのずと開けてくるものだと実感しました。
>>詳細を見る
マネーカウンセリングネットWealth
「住宅ローン」賢い人はこう借りる!
オススメ度 価格:¥ 1,365
「住宅ローン」賢い人はこう借りる!
これから借りる人はぜひ読んでください。
住宅ローンのことを知らないまま借りようとしていたか、気づかされます。
テレビや雑誌では繰上返済がどんなに効果的かを言っていますが、
借りている人の状況によって違うということがわかります。
この本を読めば、自分に合った住宅ローンがみつかるでしょう。
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,050
絶対得する!住宅ローンの選び方―ローンのカラクリを知りつくした、元銀行マンがやさしく教える
マイホーム購入を検討中のわたしです。
ド素人なので、ローンの組み方がわからず、これまでいろいろな参考書を読んでみましたが、さっぱりわからなく、困っていた時であったのがコレ。
わっかりやすい! こんなわたしでも、理解できました!!!
銀行交渉の奥の手やヒントが盛りだくさんで、これなら自分にもできそうな気がしてきました。元銀行員の著者らしく、すべてホンネで、購入者側に立って書いてくれて ...
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 777
住宅ローンが危ない
日銀はゼロ金利政策を解除し、銀行は短期プライムレートを引き上げ始めている。貸出金利は今後次々と引き上げられるだろう。
住宅ローンも例外ではない。特に、「金利選択型」で期間を限定した固定金利で借入した人には、低金利キャンペーンで借りた人も多いと思われ、金利上昇による返済額増加の影響が大きいだろう。
本書には、金利上昇により返済額がどのくらい増加するか数値で示されており、自分自 ...
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,575
図解はじめてでもカンタン!賢く選ぶ住宅ローン
念願のマイホーム購入で最も悩んだのが資金計画でした。長期の固定金利か短期のキャンペーン金利のどちらを選択すれば良いか?損をしないローンの組み方があるだろうか?答えを見出せないままに、時間ばかり過ぎて焦っていた時に、この本を手にしました。巻末にあるチェックリストを活用し、現状の家計の状況や将来のライフプランも踏まえて、納得感のある資金計画を立てることができました。税金面での解説もあり、我が家は不動産 ...
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,365
「住宅ローン」賢い人の見直し術!
いかにローンに無知なまま家を買ってしまったことかと、がく然としました。
放っておいたら家計が破たんしかねませんでしたが、おかげでどうにかなりそう(?)。
いずれにしてもこの本には感謝感謝です。
私のように危ないローンを抱えている人はたぶんたくさんいるはず。金利が上がる前にぜひ、読んでほしいと思います。
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 3,570
住宅ローン証券化のすべて―ローン市場と資本市場の融合
通常24時間以内に発送
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,575
住宅ローンを返せなくなったときに読む本―競売回避の極意 任意売却のススメ
住宅ローンを借りるときの本はたくさんあっても、
実際にローンの支払いが出来なくなったときの本には
なかなか出会えませんでした。

ある日、この本のタイトルを偶然目にして、
「これだ!」と思い、読んでみました。
難しい専門用語が羅列されている堅苦しい文章ではなく、
分かりやすい言葉と興味深いストーリーで、
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,260
住宅ローンで死ぬな!―返済苦100%解決法
今、住宅ローンで苦しんでいる人。買ったばかりの人。
これから買う人。全ての人にお勧めです。
増税、減収当たり前の時代に、この本を持っているか
いないかで大きく心の持ち方が変わってきます。

住宅ローンに限らず、借金で困っている人にも
お勧めです。借金を減らす事よりも、意識改革
に重点をおいた素晴らしい本です。
>>詳細を見る
オススメ度 価格:¥ 1,470
新型住宅ローン「フラット35」の仕組みと有利な組み方がズバリわかる!―マイホーム購入予定者は読まなきゃ一生後悔しますよ!
190ページ近い本で、2ページ毎にタイトルが付いていて、左側は資料的なもの、右側に本文がある。この新聞連載記事のような構成にこだわってしまったため、中身の少ない無いタイトルの時は無理やり文章を追加したり、他の項目で説明した事を再び述べている。その結果、最後まで一気に読みぬこうと言う気がなくなってしまった。自分に関係する数項目しか読まない人には良いかもしれません。
>>詳細を見る
 
 
このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.
芝生の手入れとガーデニング バラの花とバラ園、イングリッシュガーデン バラと芝生とガーデニング