マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加
マイホームづくりは、一生に一度の大仕事です。事前にしっかり情報収集しましょう!関連書籍等を集めてみましたので、ご参考に。
<

ル・コルビュジエの全住宅

ル・コルビュジエの全住宅

ル・コルビュジエの全住宅
人気ランキング : 59037位
定価 : ¥ 3,500
販売元 : TOTO出版
発売日 : 2001-04

価格:¥ 3,500
納期:通常24時間以内に発送

???モダニズムの建築家がごく当たり前のように雑誌で取り上げられるようになり、ル・コルビュジエの名はずいぶん一般的に知られるようになった。20世紀の建築の展開を最先端でリードし、名作と呼ばれる作品を数多く残したこの建築家=画家=アジテーターは、確かに組み尽くせぬ魅力を持った特異な存在である。 ???端的に言えば、ル・コルビュジエは本質的に住宅の建築家であった。人間の生きる空間を作り出すこと、その生きることの一部が切り出されある特定の施設として計画されたとしても、彼の建築は常に生身の肉体を持つ人間が生きる器としての建築であった。これは当たり前のことのように思うかもしれないが、しかしこれはこの建築家に独特なことなのである。彼の建築にはいつもそのことがカタチとして明確に定着されている。 ???本書はル・コルビュジエの全住宅作品の図面と模型写真をクールに羅列しただけのある意味で愛想のない本である。400分の1という一定のスケールで、平面図・立面図・断面図が並べられ、模型写真が数枚、淡泊と言えばこれ以上のことはない。しかし時系列に沿って並べられた整然とした情報をゆっくりと読み込めば、建築家の生々しい思考を読み取ることができるはずだ。そこには熟成されていく建築家の思考が如実に現れている。次第に複雑さを増していく3次元的な空間の構成、自然光を取り入れ受け止めることへの執着、時にストイックになり時に官能的になる意識の振幅、読み取るべきものは紙面構成のクールさに反して実に豊かである。プロジェクトが発展させられていく過程をも追えるように途中経過も可能な限り収録され、106作品、210案を網羅している。 ???端から読み解いていく必要などない。枕元にでも転がしておいて、ぱらぱらめくるだけでも良い。2次元の図面を読み取りながら建築家の抱いた3次元のイメージを追うこと、それは一種の修練であって、そうすぐにできるようになるわけではない。砂をかむような退屈さを覚えることもまれではないだろう。しかしそのうちに少しずつ図面を通して建築をイメージすることができるようになり、図面を通して建築を考えるようになる。図面というのはいまだに他に代えがたい建築のメディアである。写真はもちろんわかりやすい優れたメディアに違いないが、決してそれだけではつかみきれない水準が建築にはあり、それはいつも図面を通して思考されているのである。そうした建築家の思考を読み込むにはある種の訓練が必要だろう。しかしその訓練のためにこれほど好適な本もなかなかないのである。(日埜直彦)

詳細

伝説の巨匠の全作品が模型と図面で記されています。

建築を学んだことのない私ですが、ピロティーとかRC打ちっぱなしとか住宅団地の構造など、よく目にする建築様態の源はここなのだなと感心できました。

それでも、建物(敷地も含めて)の質感は分かりませんので、やはり建築を学としてとらえている人向けの本だと思います。
同じく模型を作ろうという人には、格好の参考書でありましょう。

評価は3.5がないので3としました。

近代建築三大巨匠の一人、ル=コルビュジェを見る

この本一冊を通して、巨匠『ル=コルビュジェ』の全作品を見ることが出来ます。計画のみで実際には建てられなかった建物までもが網羅されており、一般的には知られていないような作品も見ることも出来ます。また、計画された年代順に掲載されており、説明の文章を書かずに図面だけを載せることによって、読者に『コルビュジェの考えた建築というもの』を、時間に沿って考えさせることが出来るようになっています。建築家の方や、建築士を目指している方にはオススメの一冊です。値段は少々張りますが、それに十分に見合った内容であると思います。

人が住む器

〜コルビュジェが、人と向き合い、土地と向き合い、技術と向き合って一つの器を作っていったというのがこの本は、悠然と語っています。
といって、この本で建物や歴史的背景を詳しく解説しているものではありません。あくまでも淡々とコルビュジェの仕事を印画紙に焼き付けるように住宅が掲載されています。
〜〜
建築に興味がない方でも、見ているだけで楽しめる本です。〜

コルファン 必見の一冊

未だかつて106ものコルの手がけた住宅(実現しなかったプランも含め)
の図面と模型が事細かに載っている本はなかったのではないだろうか。
コルビュジエといえば、近代建築の父であるが
その彼が作った住宅集を見ると
彼がどのように建築に対して考察していったかが
興味深く感じられるのではないだろうか。
おすすめの一冊である。
欲を言えば図面のスケールが1/400であるが、
もう少し大きく載っているとよかったと思う。

全住宅の模型と図面

世界中の建築家に影響を与える20世紀最大の建築家ル・コルビュジエ。『ル・コルビュジエの全住宅』というタイトルから住宅の写真をたくさん掲載し解説した本と思っていたのですが、実際は200分の1の模型とその図面を載せたものです。建築の図面の見方を私は知らないので、よく分かりませんでした。私と同様に思われている方は、他にもル・コルビュジエの本が何冊かあるのでそちらをお勧めします。しかし建築を勉強されている方には、この本はとても良いと思います。

 
 
このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.