マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加
マイホームづくりは、一生に一度の大仕事です。事前にしっかり情報収集しましょう!関連書籍等を集めてみましたので、ご参考に。
<
岡本 康男

体にいちばん快適な家づくり―高断熱・高気密の常識のウソ

体にいちばん快適な家づくり―高断熱・高気密の常識のウソ

体にいちばん快適な家づくり―高断熱・高気密の常識のウソ
人気ランキング : 11622位
定価 : ¥ 920
販売元 : 講談社
発売日 : 2004-10

価格:¥ 920
納期:通常24時間以内に発送
家を建てたい方、特におすすめです!

冬の朝は寒くてなかなか起きられないもの、夕方家に帰ると家の中は寒いもの、夜のお風呂は体を温めるため、夜中のトイレは一大決心をして行くもの。とても不自由だけれど、こういう生活が当たり前、しょうがないと思って生活してきました。しかしそんなことはないのですね!この本を読んで、今までの不自由な生活を解消する手段があると分かっただけでとても嬉しく思います。全室24時間暖房という贅沢、それを太陽熱で実現してしまうなんて!とても魅力的です。私の家では太陽熱温水器を愛用してきましたが、次はぜひハイブリッドソーラーシステムを取り入れられたらなと思っています。ただ費用面が気になります・・しかし自然と共存できる生活こそ、本当の意味の豊かさであると思うので、今後も研究し、ぜひ取り入れられたらと思います。

21世紀からの家作り?

 高断熱、高気密にすればカビがはえ、基礎や柱が腐ると思っていました。
この本はそんな考えを覆してくれました。
各種断熱材料のR値と、熱伝導率の表も、とても解りやすいです。
ただ、やはり私にとって一番気にかかるのはコストです。
今までの住宅(第2期住宅)より何割位高くなるのか?
30〜40坪位の家でどの位になるのか?
そんな事も表して頂ければと思いました。
それから、「もっと井戸水を使おう」には私も大賛同いたしました。
最近の災害実態を見てもつくづく感じました。

これから家を建てる人は読みましょう。

大変読みやすい本です。エクスナレッジから出版されている
[「外断熱」が危ない!]と合わせてお薦めです。
こちらの本の方が[「外断熱」が危ない!]と比べて、
断熱のこと以外にも家づくり、暖房器具、給湯器の比較
などいろんなことについて、普通の文章(専門用語がない)
で書かれているので良いと思いました。また、エネルギー
問題と住宅に関する話し(第4章環境に配慮しつつ生きる)には
強い共感を覚えました。
もともと近く家を建てる計画があったのでソーラーハウスに
大変興味が湧きました。本の中にイラストはあるのですが、
写真がないのでもうひとつイメージが湧きにくかったので、
ネットで著者の会社に資料請求してパンフレットを送って
もらいました。良い印象なので、今度は実物がみたくなり
ました。
家づくりの本は、いくつもありますが、感情的なものや
なんとか工法でなきゃ家はだめだ的なものが多い中、
ひさびさのヒットです。とにかく、これから家を建てる
人はこの本はお薦めです。家を建てない人も、大変参考
になるおもしろい本です。新鮮な驚きがあると思います。

こんな家に住みたい!

日本の気候では、夏暑く冬寒い家に我慢して住むしかないと思っていたら、一年中、24時間、気持ちのいい季節の中で暮らせる家があった。おまけにその快適な空間は、ダニ、カビ、結露を防ぎ、急激な温度差が引き起こす病気の危険を回避し、足元の程よい暖かさが歩行困難を改善しと、健康にもいいことばかり。しかも、快適さを追求すれば環境に負荷をかけるという「常識」をくつがえし、エネルギーの大量消費を緩和するという。ハイブリットソーラーハウス。こんな家に住みたい。そして持続可能な社会のために、もっともっと普及してほしい。本当の豊かさについて考えさせる本である。

高断熱・高気密の常識のウソ

家を建てる前に読んでおくべき書。
業界に携わる者としては、しっかり頭に入れておき
顧客の疑問に的確に答えられるよう自分のモノに
しておきたい。
更に技術的な内容に踏み込んだ第2弾を望む。

 
 
このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.