マイホーム、家づくりの体験談と、マイホーム・家づくりに関する情報を集めました。
>お気に入りに追加
マイホームづくりは、一生に一度の大仕事です。事前にしっかり情報収集しましょう!関連書籍等を集めてみましたので、ご参考に。
<
市村 博

間違いだらけのハウスメーカー選び

間違いだらけのハウスメーカー選び

間違いだらけのハウスメーカー選び
人気ランキング : 136984位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : 廣済堂出版
発売日 : 2002-02

価格:¥ 1,575
納期:通常1〜2週間以内に発送
飽き飽き

ハウスメーカーに家を任せようという考え自体がそもそも間違いなんで、こんな本は買わずに、例えば宮脇檀さんの本でも買ったほうが人生にとってプラスになるでしょう。ハウスメーカーに「建築」と「建物」の違いを語れる人間がいるでしょうか。
人口に対して住居の絶対数が不足していた戦後復興期にはハウスメーカーは国家にとって必要な存在でした。しかしもう住居は余っているのです。住宅余りは中古マンションの値崩れを見れば明らかなことです。
少し時間と労力は掛かりますが、信頼でき、価値観の共有できる建築家を探して、生涯所得の何分の一かを託したほうが皆さんの人生のためになります。そんな建築家どうやって探すんだというのであれば、まだ努力不足です。冷蔵庫を買うのと同じ努力で数千万円の買い物をしようという考えが間違いのもとといえるでしょう。
自分にとって住まいとはいかにあるべきものなのか、を家族全員で悩み、自分が何を欲しているかではなく何を「熱望」しているかを見出すことが家作りの第一歩です。熱望があれば建築家はパートナーとして想像を超えた仕事をしてくれるものです。

旭化成(へーベルハウス)が一番なのかな?

耐久性では質の高い鉄骨を使用していると書かれているし、結論はこうなるみたいですね(地下室はちょっと難しいみたいですが)。
どうなんでしょうか?

家をたてる前に読んでみよう

設計、建築にかかわる著者が、一般のハウスメーカーに実際に発注し、そのパーフォーマンスを評価したもの。みんなが知っているあれこれのハウスメーカーが実名で登場する。どのメーカーについても、営業マンの対応、事前の敷地検査の有無等々の観点から実証的、客観的な証拠が提出されている。もちろん、どの観点からも優れたメーカーというものはなく、ある点からは評価できても、別の点では落第点ということもありうる。その点、著者の論述は信用できると考えてよい。ただ、一般人に、ハウスメーカーの発注先の工務店の出来不出来までチェックするのは、時間的、能力的に可能なのだろうか、という疑問は残った。

この本を読んでハウスメーカーを決めました

 理論的根拠のない工務店系宣伝本などと違い、中立的な立場で書かれた数少ない本です。私は勤務医ですが、本当にいい医者にはインターネットや出版物などの情報でたどり着くのが難しく、内部事情に詳しい人の口コミがもっとも信頼できるのです。工務店についても同様と想像します。一般の人間にはハウスメーカーが安心なのではないでしょうか。
 確かに社風というのはあるようで、この本に出てくるハウスメーカーには本書の記事の傾向が見受けられるように思いました。鵜呑みにするのはよくありませんが、私が読んだ本の中ではこのシリーズ1,2,3が決定版でした。出版後にハウスメーカの制度や価格の傾向が変わっていたことがあるのでチェック要です。

一刀両断!

勇気がある本だなぁ。実際に見積もりを出させることで、ハウスメーカー20社を実名で評価するなんて。
と言っても、これを正確な資料とするためには、一つのプランだけでなく、複数のプランで試すことが必要だろうし、営業の人の力量で判断されてしまったところもあるのですが、何も知識がない私には予備知識として参考になるところが沢山ありました。
特に、ハウスメーカーのプロフィールは、各社の企業性の違いが分かり
面白かったです。

 
 
このページのトップに戻る
|サイトトップ |家づくり |マイホーム |マイホームソフト |住宅メーカー・工務店 |建築家 |家相・風水 |住宅ローン |オール電化 |インテリア |
Copyright 2005 マイホーム・家づくり応援隊 All rights reserved.